WOW
「私たちは機能価値だけでなく、感性価値をももたらす革新的な製品を生み出さなくてはならないと気付くはずです。」
-平井一夫

“It is not just functional value that people desire but the deeper emotional value.”
-Kazuo Hirai


ソニーの代表取締役である平井一夫さんが先日CES 2014でキーノートスピーチを行いました。その中で平井社長は人々に「WOW」、つまり感動を提供したいという事を仰っていました。
デザイナーを志す者としてまだまだ未熟ではありますが平井社長が言うような感動を人々に提供できるよう日々精進していきます。どうぞ今年もよろしくお願い致します。

Kazuo Hirai, the CEO of SONY, recently gave a keynote address at the CES 2014.In his speech, he addressed how he wanted to deliver the “WOW” experiences to the people.
As I’m still in the progress of becoming a designer, I hope that one day I would be able to deliver the “WOW” to somebody.Wishing 2014 will become a fantastic year for everyone.

WOW

「私たちは機能価値だけでなく、感性価値をももたらす革新的な製品を生み出さなくてはならないと気付くはずです。」

-平井一夫

“It is not just functional value that people desire but the deeper emotional value.”

-Kazuo Hirai

ソニーの代表取締役である平井一夫さんが先日CES 2014でキーノートスピーチを行いました。
その中で平井社長は人々に「WOW」、つまり感動を提供したいという事を仰っていました。

デザイナーを志す者としてまだまだ未熟ではありますが平井社長が言うような感動を人々に提供できるよう日々精進していきます。
どうぞ今年もよろしくお願い致します。

Kazuo Hirai, the CEO of SONY, recently gave a keynote address at the CES 2014.
In his speech, he addressed how he wanted to deliver the “WOW” experiences to the people.

As I’m still in the progress of becoming a designer, I hope that one day I would be able to deliver the “WOW” to somebody.
Wishing 2014 will become a fantastic year for everyone.

Found a Volkswagen Karmann Ghia Type 1 parked on campus today. Love the form and color of its body.

今日の散歩中、フォルクスワーゲンのカルマンギア タイプ1が停まっていました。やはり他の車とは違う雰囲気を出していてすぐに目に止まりました。ボディーのラインもカラーもとても素敵ですね。

SONY has recently announced their new digital mirror-less camera, the α7 and the α7R.SONY’s mirror-less cameras were branded as the “NEX” series but seems like they are going to unify it under the “α” series, SONY’s DSLR camera lineups. The NEX cameras has been using the APS-C sized sensor but these new α7 and α7R have a full size 35mm sensor in such a compact body.
There are always people who like and dislike the design of a product but I personally enjoy this one. It has a classic feeling, as the EVF look like a pentaprism, but still inherits the style and function of the NEX-7.I cannot wait to try it out at the SONY store in Ginza, Japan when I go back home for the winter break.先日ソニーが新しいミラーレスカメラのα7とα7Rを発表しましたね。どうやら”NEX”という名称がなくなりソニーの一眼レフの”α”の名称に統一されるそうです。NEXはAPS-Cのセンサーを搭載してきましたが今回の新製品達はなんとフルサイズの35mmセンサーをNEX並のコンパクトなボディーに搭載しているのですから化物ですね(笑)人は皆デザインに関しても好き嫌いがあると思います。このα7もα7Rもやはり好き嫌いが分かれるみたいですが個人的にはとても好きです。EVFの部分がペンタプリズムを彷彿させクラシックな印象を与えつつNEXシリーズのスタイル、そしてNEX-7の機能美を継承していると感じました。早く冬休みにソニーストア銀座で実機をいじってみたいです!

SONY has recently announced their new digital mirror-less camera, the α7 and the α7R.
SONY’s mirror-less cameras were branded as the “NEX” series but seems like they are going to unify it under the “α” series, SONY’s DSLR camera lineups. The NEX cameras has been using the APS-C sized sensor but these new α7 and α7R have a full size 35mm sensor in such a compact body.

There are always people who like and dislike the design of a product but I personally enjoy this one. It has a classic feeling, as the EVF look like a pentaprism, but still inherits the style and function of the NEX-7.
I cannot wait to try it out at the SONY store in Ginza, Japan when I go back home for the winter break.

先日ソニーが新しいミラーレスカメラのα7とα7Rを発表しましたね。
どうやら”NEX”という名称がなくなりソニーの一眼レフの”α”の名称に統一されるそうです。
NEXはAPS-Cのセンサーを搭載してきましたが今回の新製品達はなんとフルサイズの35mmセンサーをNEX並のコンパクトなボディーに搭載しているのですから化物ですね(笑)

人は皆デザインに関しても好き嫌いがあると思います。
このα7もα7Rもやはり好き嫌いが分かれるみたいですが個人的にはとても好きです。
EVFの部分がペンタプリズムを彷彿させクラシックな印象を与えつつNEXシリーズのスタイル、そしてNEX-7の機能美を継承していると感じました。
早く冬休みにソニーストア銀座で実機をいじってみたいです!

HUNT LIGHT

Another project from Last year.

This time, our project was to create a minute long video that related to one of our previous projects or the Hunt library, our new library here at NCSU.
I decided to make one about the Hunt Library and its relation to light.

♪Hirokazu Akiyama

こちらも去年の作品です。
今回課題はムービー作りでした。
テーマはこれまでやったプロジェクト関連、もしくは大学にできた新しい図書館(Hunt)についてでした。
僕はHuntの建物と光の関係を捉えたく、タイムラプスムービーを作成してみました。

♪秋山裕和

Re-Designing Hillsborough Street

Another project from my freshman year in design.

For this project, we researched the environment of a location near our college campus, which currently is a parking lot.
We then came up with a solution that would become an alternative for the parking lot.

My idea was to turn the location into an EV(Electronic Vehicle) sharing/ exhibition area.
By using an EV, there will be zero carbon emission and will also be economical for students not owning a car but is in need for one in some occasions.
By making the location an exhibition area for EVs, it allows people in the community to think more about the environment and influence them to think more in a greener mind.

Although it is a narrow location, the revolving tray system can store up to 41 cars. 
Each tray has a wireless transmission unit that allow wireless charging of the cars.
The solar panel on the top will not be able to cover the whole electricity usage but will do partially.
It is ideal if an automobile company and the city could collaborate and start this kind of system.

こちらも1年目の時の作品です。

まず最初に学校の近くにある駐車場の環境を徹底的にリサーチし、駐車場の代わりになりえるシステムを考えるのが課題でした。

僕が考えたのはこの場に電気自動車のカーシェアリングと電気自動車についてのエキシビションを作ることでした。
電気自動車を採用することによって二酸化炭素排出量を徹底的に下げ、さらに車を持ってない学生でも必要な時に手軽に車を借りられるになります。
同時にエキシビションにすることで電気自動車の事をもっと知り、環境問題についてコミュニティーの人にもっと知って頂きたいと思います。

とても狭い立地ですが、日本の立体駐車場をヒントに考えた回転するトレイシステムによって最大41台の電気自動車を駐めることができます。
一つ一つのトレイに無線充電ユニットが組み込まれてるので充電スタンドは不要です。
搭載してるソーラーパネルですべての電気使用量を賄うことはできませんが一部を一部補うことができます。
自動車メーカーと町が一緒になってこのシステムを作っていければ理想的だと思っています。

Work from last year and also my first design project.

Our task was to choose a part of our body to study and create a wearable piece made of mainly paper, and express motion, gravity, and light.



去年(デザイン1年目)の作品です。

体の一部のあらゆることを研究しそこへ装着できる/着れるものを主に紙で作るのが課題でした。さらにそれで動き、重力、光を強調して再現しなければいけませんでした。